スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    不覚の涙

    在宅での看取り
    昨日は思いと覚悟を試された一日。

    日曜日の事
    いつもと同じように母の排便誘導
    便座に座ってもらい
    前につんのめっても大丈夫なように車椅子配置し
    私は食器の後片付け。
    振り向けば母が見える場所。

    バサッと言う音にハッと振り返ると
    便座と壁の狭い床に母が横たわっている。

    母は痛いと叫ぶでもなく じーと私を見てる
    サーと血の気が引く
    その瞬間から 自責と緊張で心がキーンと凝結

    恐る恐る抱き上げる。
    痛みの訴えもなく、私一人で起こす事ができ
    取り敢えず骨折はないかもとホッとしたけれど
    月曜日の朝食後から異変

    左腰に負担がかかると痛訴。
    やはり 何かあった。。。。。。ヒビ?

    連絡で飛んできたケアマネに
    状況説明をしてる間に 
    緊張で固まってた心がすーと溶けてジワーと沁みるように
    不覚の涙です。一人じゃない安堵に気が緩みました。

    ケアマネさんが見てる間に
    母は口をがくがく震わせ 手も振るい

    それから 看護師 在宅医の往診
    熱は瞬く間に9°5
    尿検査の結果陽性反応

    転倒もあるし
    仮に骨折、頭部血腫で手術という事になっても
    もとのレベルが低いからメリットはないと思うけれど
    救急搬送して腰のレントゲン、頭部CT撮りますか?

    内科の治療もあるのでそのまま入院もできます。
    どうしたいですか?

    先生の問いに、昨日からの緊張と不安を考えると
    入院してもらった方が楽になるな~。。とも
    腹は決めてた筈なのに やっぱり揺れます。
    母にとって何が最良、私ができる事は?

    レントゲンもCTもいい。
    やっぱり このまま。

    この決断が母にとって不幸になること無いように頑張る。
    在宅看取り。。。。揺らぎますネ。
    最後は私の決めつけと独断(笑)

    熱は急降下を繰り返すと思うので
    母の生命力にかけて数日はその介護。

    介護保険サービスでの
    緊急時対応の訪門看護、在宅医との契約
    お願いしておいてよかった。








     





    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    看取る側の覚悟、ほんとにそうですね。
    今は、病院も、救急車も、介護サービスもある時代ですが、何もなかった時代は家で看取るよりなかった、非常時の往診くらいだったでしょう。
    お母様が酷い状態でないことを願っています。
    尿路感染、膣の方の雑菌も、訪問看護師さんが手配処置してくださればと思いますが、そんな方いらっしゃるのかな?。
    体力が低下されてるから、薬も効きにくいかもしれないのが心配です。晩年の母もそんなことを言われたような。
    その時その時で、何が一番良いのかです。難しくてもお母様が少しでもお楽に暮らされますように。

    No title

    酢橘ちゃん大変だったのね。
    お母様どんなご様子ですか。
    洗い物しながら振り返った時の酢橘ちゃんの気持ち、
    考えるとこちらも辛くなりました。
    酢橘ちゃんは精一杯頑張ってるよ!
    そこまで頑張れる人も少ないと思う。
    私なら「もう無理」ってきっと入院してもらってると思う。

    >母にとって何が最良
    何があってもこのことを追及して頑張り続ける酢橘ちゃん、尊敬してます。
    でも自分の体のことも考えて誰かに頼むことも考慮してね。

    和代さん お早う~

    家で看取るよりなかった>その分昔の人は 命にも鷹揚だったですよね。
    そんな風でありたいと思うのだけど、、、、、

    幸い落下?の方は 打撲だけのようです。

    尿路感染の方は
    以前、神経因性膀胱の診断がされていて
    バルーンをするしかないと言われたのだけど
    認知症もあったので 他に方法は?とお訊ねしたら
    「尿毒症になって命がなくなってもいいのか」と叱られました(笑)
    それから5年が過ぎました。

    幸い今回も抗生剤が効いてるのか8°越す事がなく過ぎて
    食事も水分も今のところ摂取できています。
    このまま薬が効いてくれればと思うのだけど。。。。。

    表情も母らしくなってきました。

    昨日の昼から様子をみながら
    車椅子に移乗しての食事にしています。
    ベット上が長引くと嚥下も肺機能も低下するからと
    看護師のアドバイスです。

    神様は 
    私に油断するな!!と
    警告だけですませてくれたのかも。。。。?

    婦人科は状態が落ち着いてから受診します。

    その時その時で、何が一番良いのか>ほんとにネ。。。
    ありがとう。


    ちこちゃん お早う~

    あ~~ 私の油断が母に可哀そうな事をしたと
    それでも冷静に冷静にと
    自分を叱咤激励してたから
    振り向いた瞬間から吐き気で食べ物なんか喉通らなかった(笑)

    昨夕 やっと母と二人 テーブルで穏やかに(笑)食事しました。
    母も離床(笑)です。

    幸い今回は神様の警告だけで済みそう?です。

    尿路感染は 膀胱自体が尿が出きらない状態なので
    繰り返しています。

    先回の入院も 腎盂炎→誤嚥性肺炎と高熱が続いてだったから
    あの時も一時熱が下がってホッとしたの覚えてる。

    なので離床はしたけれど油断はしていません。
    今が微妙な時期です。

    ちこちゃん ありがと~

    入院 一瞬 揺れた揺れた(笑)<この緊張耐えられない>
    でも、先生が「もうダメと思ったらいつでも手配しますから言って下さい」て
    なんか いい人達に恵まれました。

    母にとって何が最良>本当のところ分らないものね。
    「口から食べれる間」が母の命と決めているのにね。

    子育てでも お陰様で性格変えることができたし
    介護も きっと同じなのよ。




    プロフィール

    酢橘

    Author:酢橘
    1948(S23年)生まれ 
    息子3人 孫4姫ちゃん
    子育て終わってから自立宣言をして仕事
    自立。。。。。程遠い(笑)
    介護適齢期を20年近く続けています。

    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新コメント
    最新記事
    リンク
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。